• HOME
  • 医院紹介
  • 院長紹介
  • 院内紹介
  • 治療器具
  • 患者様の声
 

インプラント

永久歯を失った場合、義歯(入れ歯)やブリッジにてその部位を補う 治療がありますが、それぞれの欠点もあり、硬いものを食べずらくなったり、 発声での違和感、抜けた歯の周りの健全な歯も削ることにより、周りの その歯も寿命が短くなったりさまざまなデメリットも つきものです。
インプラント治療とは顎に結合性の良いチタンなど の土台(人工歯根)を埋め、その上に人工の歯を 装着する治療で、個人差はありますが、入れ歯や ブリッジに比べて、より元の状態に近づきます。
そのため"第三の永久歯"と言われることもあります。 詳しくはお気軽にお尋ねください。わかりやすく 丁寧にご説明いたします。

歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣りの歯を削ってブリッジを用いて治療
していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療行うことができます。
歯を何本か失った場合
従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
歯を全て失った場合
従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の
間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。